Aカップ貧乳でもナイトブラで育乳効果を実感できる?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Aカップで貧乳の人は、「ナイトブラなんて私には関係ない」と思っていませんか。仕事や学校から帰ってくると、ブラを外して楽になりたい!とばかりにノーブラで過ごしていませんか。貧乳の人でもナイトブラが必要な理由をご案内します。

筋肉がないから形が崩れやすい

脂肪と乳腺で構成されている胸には筋肉がありません。寝返りやブラの着け方などちょっとしたことで形が変わってしまいます。

クーパー靭帯は、胸を支える靭帯です。寝返りだけでなく、ジョギングなどの激しい運動で胸が揺らすことでクーパー靭帯が伸びて下垂してしまいます。なので、貧乳の人でも激しい運動などによりクーパー靭帯は損傷するんです。

大胸筋は運動で鍛えることができますが、クーパー靭帯は鍛えることができないので、一旦伸びてしまったら元に戻すことはできません。

貧乳でもナイトブラが必要

健康のためにブラは着けないで寝た方がいいという人もいますが、ノーブラで寝てしまうと形が悪くなるため、ナイトブラが登場しました。

ワイヤーが入っておらず楽な着け心地のナイトブラは、脇肉が背中に流れてしまうのを防ぎ、上向きのバストを保つ働きをしてくれます。

胸が小さい人でもノーブラで寝ていると、胸の下垂、背中の肉、脇のはみ肉などに陥りやすくなります。就寝時にナイトブラを着けることで、胸の形を形状記憶させて育乳するんです!

肩甲骨

肩甲骨は、加齢、生活習慣の乱れなどにより少しずつ歪みが生じます。肩甲骨が歪むことで、姿勢が悪くなり貧乳から抜けだせなくなるのです。肩甲骨が前に歪んでいると、仰向けに寝ても肩が浮いてしまタイプの人で、猫背の人に多く見られます。猫背は、胸の位置が下がり下垂しやすくなります。

また、肩甲骨の位置が高い場合は、肩が凝りやすいため胸が引き伸ばされ下垂しやすくなります。肩甲骨を正しい位置にキープすることができれば、アンダーとトップの差も開き、メリハリのある胸を作ることができます。

ナイトブラには、背中がクロスしたタイプがありますので、肩甲骨をほぐす効果が期待できます。肩甲骨をほぐすことで、背骨に沿って発達している自律神経も正常に働き、女性ホルモンの分泌もよくなりバストアップ効果が高まります。

貧乳むけナイトブラ

ナイトブラであれば何でもいいという訳ではありません。貧乳さん向けにSサイズを展開しているナイトブラであれば、寝ている間もしっかり育乳することができます。大き過ぎると胸の形が悪くなってしまうので、必ず採寸してからナイトブラを購入しましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。